ふるさと納税で負担額が2,000円オーバー? 限度額が意外に少ない人とは

収入がしっかりとあるのに、ふるさと納税の限度額が極端に少ない人がいます。なかなか自分ではわかりません。

でも、気づかないでふるさと納税をすると、2,000円のつもりだった負担額が大きくなってしまいます。

これに該当する人は、ふるさと納税ポータルサイトにあるシミュレーションなどでは、正しい限度額を計算をすることができません。あなたが知らないうちに、限度額が極端に少ない人になっていないか、この記事を読んで確認して下さいね。

ふるさと納税の負担額が2,000円オーバーになる理由

通常、ふるさと納税の負担額が2,000円を超えるのは、寄附金額の限度額オーバーです。

限度額というのは、(寄附金額‐2,000円)分の税金が減額される寄附金額の上限をいいます。寄附金額が限度額を超えると、超えた分だけ自己負担額が2,000円に上乗せされます。

限度額は以下の計算式で算出されます。

ふるさと納税の限度額=2,000円+(所得割額×20%)/(1‐所得税率×1.021‐10%)
※ 1.021は復興所得税分を計算に入れるための数字です

所得税率と所得割額が決まれば、限度額は正確な計算ができます。ふるさと納税ポータルサイトなどで提供されている限度額のシミュレーションやモデルも、この計算式にもとづいています。

でも、この計算式で限度額の計算ができない人がいます。その人の限度額は極端に少なくなります。

人数としてはごく少数だと思いますが、この人たちには別のルールがあるのです。詳しいことは、後ほど書きます。

負担額が2,000円を超えるもうひとつの理由は、そもそも減額対象になる税金を払っていないことです。

払った税金がふるさと納税の減額分よりも少なかったら、その差額がもらえるわけではありません。返してもらえるのは、払った金額が上限です。

住宅ローン控除でこれから税額控除を受ける人、いま受けている人は、これに当たる可能性があります。チェック方法があるので、後ほど紹介します。

ふるさと納税の限度額が意外に少ない人

思わぬ理由で、ふるさと納税の限度額が少ない人がいます。限度額が極端に少なくなる人には、前掲の計算式とは別のルールが適用されています。

住民税からの減額分の計算で、所得税の減額分をみなし計算することが、特定の人の限度額を極端に少なくする「別のルール」です。

ふるさと納税は(寄附金額‐2,000円)が所得税と住民税から減額されます。減額のルールは以下のとおりです。

  1. 所得税からの減額は、確定申告のときに(寄附金額‐2,000円)を所得控除すると自動的に反映されます。年末調整で申告納税が完了している人には、年末調整時点の納税額との差額が返還されます(還付)。
  2. 住民税からは、所得税の減額分を差し引いた残りを減額します。このとき所得税の減額分は(寄附金額‐2,000円)に所得税率を掛けた金額とみなします。

ふつうは、AとBの計算結果を合計すると(寄附金額‐2,000円)に一致します。

でも、たまにAとBの合計が(寄附金額‐2,000円)よりも小さくなることがあります。すると実際に減額された所得税よりも、みなし計算上の減額される所得税の方が大きくなってしまいます。

その理由は、所得税率が段階的に上がることと関係しています。

課税所得金額と所得税率の関係は以下の表のとおりです。

課税される所得金額 所得税率
195万円以下 5%
195万円超330万円以下 10%
330万円超695万円以下 20%
695万円超900万円以下 23%
900万円超1,800万円以下 33%
1,800万円超4,000万円以下 40%
4,000万円超 45%

所得が190万円の人の所得税は、190万円×5%で95,000円になります。所得が700万円の人は700万円×23%で161万円の所得税を払うわけではありません。

所得金額のブロック毎にそれぞれの税率が適用されるので、所得が700万円の人の所得税は

195万×5%+(330‐195)万×10%+(695‐330)万×20%+(700‐695)万×23%=974,000

で974,000円になります。

でも、ふるさと納税の住民税からの減額分を計算するBの過程では、所得税の減額分は単純に所得税率を掛けるだけです。所得700万円の人の税額を700×23%=161万円とするやり方と同じで、税率の変化を織り込まないので、所得税分を多く見積もってしまうことがあります。

この不都合な事態が起こるのは、寄附金控除の前後で所得税率が下がるときです。

所得税率の表に記載のとおり、695万円に税率の境界(20%↔23%)があります。
所得が700万円あると計算上の限度額は20万円程度ありますが、20万円まで寄附すると税率の境界をまたいでしまうので、自己負担額が6,500円になってしまいます。
実際に所得税が減額されるのは41,500円(5万円×23%+15万円×20%)なのに、Bの計算をするときの所得税の減額分が46,000円(20万円×23%)とみなされるからです。この差、4,500円がもとの2,000円に上乗せされています。

所得が690万円の人が202,000円の寄附をすると、所得税と住民税の合計で20万円が減額されて自己負担は2,000円で済みます。これは、実際に減額される所得税も、Bを計算するためのみなしの所得税も、同じ20%の税率で計算されるためです。

所得が700万円の人が負担2,000円でふるさと納税をするには、所得が695万円以下にならないようにしないといけません。つまり、限度額は5万円となります。

これを回避するには、ワンストップ特例制度でふるさと納税をする手があります。ワンストップ特例制度では、(寄附金額-2,000円)が全額住民税から減額されるからです。確定申告しないでいい人は、これで限度額が本来の20万円程度になります。

でも、確定申告をする人には、回避する手段がありません。

このように、所得税率の境界より少し上の所得がある人は、計算上の限度額まで寄附をしなくても、自己負担額が2,000円を超えてしまうことがあります。

でも、返礼品をいただくことを考えると、それほど気にする必要もないかもしれません。

上記の事例で、所得700万円の人が自己負担2,000円に抑えるように寄附すると、その金額は5万円です。仮に御礼の品の返戻率が平均20%とすると、いただけるのは1万円相当の何かということになります。

一方、同じ条件で20万円を寄附すると、6,500円の自己負担で4万円相当の何かをもらえます。

どちらがいいかは人それぞれ、考え方があると思います。でも、必ずしも限度額を超えてしまうと損するということではないでしょう。

ふるさと納税の限度額と住宅ローン控除の関係

住宅ローン控除を受ける人は、所得と借入金額のバランスによっては、税金を払わないで済むことがあります。所得のわりに借入金額が大きいと、こうなりやすいです。

住宅ローン控除をざっくり説明すると、家を買うときに住宅ローンを組んだ人が、借入残高の1%を上限として税金を免除されるものです。年末に3,000万円のローン残高がある人は、所定の手続きをすれば30万円を上限として税金の支払いが免除されます。

住宅ローン控除の対象になる税金は、まず所得税です。所得税を減額してまだ30万円の枠が余る人は、住民税からも税額控除を受けることができます。住民税の場合は上限があって、2018年にローンを組んだ人は最大136,500円となっています。もし30万円の枠が余っても、これ以上は控除されません。

さて、きちんと年収があっても、住宅ローン控除を使うと所得税が0円になることがあるわけです。住民税からも控除される人は、所得税の支払いがなくなっています。

この人がふるさと納税をすると、払っていない所得税は減額のしようがないので、所得税の減額相当分の金額が、自己負担として2,000円に上乗せされます。

これから住宅ローンを借りる人は、見込みのローン残高の1%を前年に払った所得税と比較してみましょう。所得税額の方が大きければ、負担額2,000円でふるさと納税ができそうですが、税額よりもローンの1%の金額が大きい人は、所得が変わらなければ、借りた年にふるさと納税で寄附をすると、所得税の減額分相当は自己負担になります。

住宅ローンを借りた年は、控除を受けるのに確定申告することが条件になるので、これは避けられません。

でも借りた年の翌年以降は、年末調整で住宅ローン控除が申請できるようになります。住宅ローン控除の他に確定申告をする理由がなかった人は、確定申告をしなくても寄付金控除が申請できるワンストップ特例制度が利用できます。

ワンストップ特例制度は(寄附金額‐2,000円)の全額が住民税から控除される仕組みなので、所得税を払っていなくても、自己負担2,000円でふるさと納税ができるようになります。

まとめ

この記事で書いたことが当てはまる人の割合は、そんなに大きくないと思います。たいていの人は、以下の計算式で正確な計算ができます。

ふるさと納税の限度額=2,000円+(所得割額×20%)/(1‐所得税率×1.021‐10%)

でも、たまたま所得が所得税率の境界のちょっと上になってしまうと、自己負担2,000円のつもりがぜんぜん違っていたということになります。

住宅ローン控除は税額控除なので、一気に所得税の支払いが減るのですが、案外気がついていない人が多い仕組みです。これを機会に、自分が所得税をいくら負担しているのかをチェックしてみて下さいね!

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする