ふるさと納税は年末いつまで間に合うの 駆け込みにオススメなのは

ふるさと納税は年末いつまでにすれば、今年の寄附金控除に間に合うのか?

年末調整で所得が確定してから寄附したい人などは、どうしても寄附するタイミングが駆け込みで年末ギリギリになってしまいますよね。

そこで、今から寄附しても今年の寄附金控除に間に合うようにするためにオススメのふるさと納税サイトを紹介します。

寄附金控除が今年の分と、来年に回る分にわかれる基準についても書きました。

ふるさと納税は年末いつまで間に合うの

ふるさと納税の寄附金控除が、今年の税金の対象になるのが12月何日までなのかは、寄附先の自治体によります。

寄附する先が決まっているけれどタイミングが遅くなる人は、寄附予定先のウェブサイトなどで、今年の寄附金控除に間に合う期日や決済方法を確認しておきましょう。

でも、以下の2つのふるさと納税ポータルサイト「さとふる」と「Wowma!ふるさと納税」なら、大晦日12月31日の除夜の鐘を聞きながら寄附をしても間に合います。

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
WEBでふるさと納税!さとふる
Wowma!ふるさと納税
ふるさと納税なら「wowma!ふるさと納税」

他のポータルサイトは、最大手の「ふるさとチョイス」もふくめて、掲載されている自治体毎に扱いが異なるため、12月31日いっぱい可能なところもありますが、もう締め切られてしまったところもあります。

ポータルサイト経由ではなく自治体に直接申し込む場合は、自治体次第ですが、銀行振込や郵便振替を使って寄附金を送る方法では、12月中旬に締め切りを設けているところが多いようです。

ふるさと納税を駆け込みでするのにオススメなのは

駆け込みでふるさと納税をする人には、「さとふる」か「Wowma!ふるさと納税」の利用をオススメします。

オススメする理由は、どの自治体に寄附しても、寄附金の決済にクレジットカードや大手キャリアの決済システムが利用できるからです。

大晦日に寄附を申し込んで寄付日と発送日が年をまたがる場合でも、寄附した日付で寄附金控除が受けられます。

「さとふる」はクレジットカード、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済、d払い(ドコモ払い)、ペイジー(Pay-easy)、コンビニエンスストアでの支払いから選ぶことができます。

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
WEBでふるさと納税!さとふる

ただしコンビニで支払うなら、レジでの入金時間が年内であることが条件です。ペイジー(Pay-easy)は、 ゆうちょ銀行や一部の地方銀行では年内にシステムメンテナンスがあるため、決済できないこともあります。詳細はペイジー(Pay-easy)のウェブサイトで確認をして下さい。

「Wowma!ふるさと納税」は、クレジットカードかauかんたん決済が選択できます。寄附金としてWALLETポイントやWow!スーパーポイントを使うこともできますので、auユーザーには使い勝手がいいかもしれません。

Wowma!ふるさと納税
ふるさと納税なら「wowma!ふるさと納税」

ふるさと納税で寄付金控除が受けられる期限はいつまでか

いつの寄附金控除が受けられるかは、ふるさと納税をした「納付日」の日付で決まります。

「納付日」が、寄附金控除の年を決める基準です。

「納付日」は、ふるさと納税の寄附先自治体から送付される「寄附金受領証明書」に記載されます。確定申告でこの書類の日付を確認して、寄附金控除が認められることになります。

では「納付日」はどうやって決まるかというと、自治体の銀行口座に入金が確認された日とされていますが、何をもって「確認」とするかは個々の自治体で運用がちがうようです。

「さとふる」や「Wowma!ふるさと納税」はサイトに掲載されている自治体から、ふるさと納税に関わる業務を寄附金の入金管理まで含めて受託することで、サイトで寄附金が決済された日を「納付日」にしています。

以下は「さとふる」に掲載されているQ&Aからの抜粋です。

寄付の「納付日」は、いつの日付になりますか?

  • クレジットカード支払い、ソフトバンクまとめて支払い、au かんたん決済、ドコモ払いの場合、さとふるにて寄付の申し込みが完了した日
  • コンビニ支払いの場合は、コンビニエンスストアにてお支払いをした日
  • ペイジー支払いの場合は、各金融機関のインターネットバンキングまたはATMにおける送金日

他のポータルサイトの場合、自治体毎に決済方法が異なるので、同じサイトから寄附を申し込んでも決済方法は自治体毎に選ぶ必要があります。

多くの自治体でクレジットカードやキャリア決済に対応しているので、「さとふる」や「Wowma!ふるさと納税」以外のポータルサイトでも、大晦日まで寄付できる自治体がないわけではありません。

ただ、資金決済までは業務を受託していないため、たとえばふるさと納税ポータルサイトとしては最大手の「ふるさとチョイス」では、以下のように注意喚起がされています。

ただし、一部の自治体では、カード会社から自治体への入金日を入金日とみなす自治体もあります。その場合は、12月半ばで今年分の寄附を締め切る場合もございますのでご注意ください。

同じ自治体に寄附しても、入り口が「さとふる」か「ふるさとチョイス」かで決済方法の選択肢が異なります。そのため、同じ日に寄附を申し込んだのに「納付日」がちがうこともあるわけです。

まとめ

年末ギリギリの寄附でも、今年の寄附金控除が確実に受けられるのは「さとふる」と「Wowma!ふるさと納税」の2つのポータルサイトです。

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
WEBでふるさと納税!さとふる
Wowma!ふるさと納税
ふるさと納税なら「wowma!ふるさと納税」

年末駆け込みのふるさと納税には、どちらかで寄附するのがオススメです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村


ふるさと納税ランキング

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする